スマホの充電ができない!大ピンチで修理に出した話

スマホの充電を100円均一のUSBコードで行っていた時の話です。ある日、挿入部分を足で踏んでしまい、コネクタの先っぽとコードが分断!コネクタから部品が抜けなくなってしまいました。
当時は無線LANで充電する機種ではなく、充電ができない状態に。ケータイの充電ができない=致命的な故障です。バッテリーがあるうちに修理が可能な店舗を検索して持ち込まなければなりません。すぐに「スマホ・故障・修理」で検索して近所のスマホ修理を行なっている店舗にかけこみました。彦根の携帯修理屋さんで正規店ではありませんでしたが、技術と知識をもつスタッフと修理の在庫があれば信頼できると思っていました。
実際に持ち込むと、スマホのコネクタ部分の取り替えが必要なこと、交換用のコネクタがあることがわかりました。その上に、型落ちの機種だったため、交換用のコネクタも定価より安くなっており、即日で修理してもらい、修理は割引してもらえました。
スマホを預けてから修理に約2時間かかるとのこと。それを聞くまで気が気ではありませんでした。場合によっては当日中に治らないかも?と不安になっていた私に、2時間で修理が行えるという回答は心強いものでした。iPhoneの買取もしてもらいました。

Related Post

はじめてのスマホ修理はじめてのスマホ修理

私はお風呂にゆっくり入りながら、スマホを見るのが日課だった。 のんびりと長風呂をしながら、友達から来るメッセージに返事をしたり、電子書籍を読んだり…お風呂場へスマホを持ち込む際はジッパー付きの袋に入れていた。スマホの画面 […]